You are here

コンテンツ作成のヒント

Text Formats

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>

    This site allows HTML content. While learning all of HTML may feel intimidating, learning how to use a very small number of the most basic HTML "tags" is very easy. This table provides examples for each tag that is enabled on this site.

    For more information see W3C's HTML Specifications or use your favorite search engine to find other sites that explain HTML.

    タグの説明入力文表示例
    アンカーは他ページへのリンク作成に使用します。<a href="https://ja.chn.youbianku.com">中国郵便番号 (中国邮政编码)</a>中国郵便番号 (中国邮政编码)
    強調<em>強調</em>強調
    Strong<strong>Strong</strong>Strong
    引用<cite>引用</cite>引用
    ブロック引用<blockquote>ブロック引用</blockquote>
    ブロック引用
    テキストをプログラムのソースコードとして明示するために使われます。<code>コード</code>コード
    順序無しリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ul></ul> で囲みます。<ul> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ul>
    • 1番目の項目
    • 2番目の項目
    順序付きリスト - 各リスト項目を <li></li> で囲み、全体を <ol></ol> で囲みます。<ol> <li>1番目の項目</li> <li>2番目の項目</li> </ol>
    1. 1番目の項目
    2. 2番目の項目
    li タグのヘルプはありません。
    定義リストは他の HTML リストと似ています。 定義用語を <dt></dt> 、その用語の説明を<dd></dd> で囲み、全体を <dl></dl> で囲みます。<dl> <dt>1番目の用語</dt> <dd>1番目の定義</dd> <dt>2番目の用語</dt> <dd>2番目の定義</dd> </dl>
    1番目の用語
    1番目の定義
    2番目の用語
    2番目の定義
    dt タグのヘルプはありません。
    dd タグのヘルプはありません。

    Most unusual characters can be directly entered without any problems.

    If you do encounter problems, try using HTML character entities. A common example looks like &amp; for an ampersand & character. For a full list of entities see HTML's entities page. Some of the available characters include:

    文字の説明入力文表示例
    アンパサンド(&)&amp;&
    大なり記号(>)&gt;>
    小なり記号(<)&lt;<
    引用符(")&quot;"
  • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、空行を2つ加えてください。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に認識され、<br />(改行タグ)や <p> </p>(段落の開始・終了タグ)が自動的に挿入されます。 もし段落が認識されない場合は、空行を2つ加えてください。